上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
自分の番(いのちのバトン)

父と母で二人
父と母の両親で四人
そのまた両親で八人
こうして数えていくとゆくと

十代前で、千二十四人
二十代前では―?

過去無量の
いのちのバトンを
受けついで
いま、ここに
自分の番を生きている
それがあなたのいのちです
それがわたしのいのちです





相田みつをさんの詩です。
何か、おおお・・・となりました。


今、入院して、少し前まで危篤だったおじいちゃんを
合わせ鏡にして浄化してました。


お母ちゃん、おじいちゃんの事を考えてたら
相田さんの詩にであいました。



当たり前に命を授かって・・・と無意識でしたが
確かに確かに・・・・



誰か一人でも欠けていたら
私はこの世にいなかったんですね・・・・。










たまにゃ、詩でもいかがでせう♪
人生を変えたい!現実を思い通りにしたい!方のための講座

「本当の自分へ還る旅」テイクオフコース






ここまで読んでいただき、ありがとうございます




スポンサーサイト
  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。