上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
実際にやったことは無いんですが・・・山びこ。


ヤッホーーーというと

ヤッホーーーと返ってくる


アレです


この世界、そのものですね。



安心した~~い!!って言うと
安心した~~い!!世界が(不安なままの世界が)
まんま、自分のところに返ってきます。




こういう例えって
多分昔からよく言われてたりすると思いました。


けれど、実際に体感して

ああそうか

って腑に落ちていくのは楽しいです。



絵に描いた餅って
テイクオフコースでも、よく言われています。



実際の生の餅を食べるんだ(体験する)
これ以外ないんだ!!ってことなんだ。



と、あらためて痛感します。



あ、じゃあ!!
良いことばっかり言って、良いことばっかり
喋ったら良いのか!!


では、ないです。


安心の裏には、不安がくっついています。
離れません。


私はずっと安心を求めてきました。
不安で不安で・・・・
不安からの行動しか出来なかった。


安心を求めるあまり
自分の作り出した不安を受け入れてなかった。


そういうものがある、と
思うことを否定していた。


受け入れたら、不幸がずっと
続くと思っていた・・・・


つまり、不安を無きものにしようとしていた。
だから相対の安心をも抹殺していた。


認めて、手放す。
コレの意味がいまいち分かっていなかったのでした。


自我は、良いものでも悪いものでもない。


ただ、それにジャッジをしているだけ。
だから、ああそうなんだと認めて、飛ばすだけ。



でも、思考に支配されると
不安な自分を客観視できずに同化してしまい

同化した自我をさらにジャッジ。


ジャッジのジャッジ。


すると
ああ、またジャッジしてしまった・・・と
浄化そのものが辛くなる。


同化しても別に構わない。
認めたら、離れて見れる。



苦しいときがあってもいい。
むなしいときがあってもいい。


ジャッジしなくていい。
苦しい自我の存在をまず、受け入れる。


ただ、感じ切る・・・。
するとラクになってくる。



何度も、何度でも
基本に戻れる。


反省もいらない。
今ここしかないから、思い返して
またジャッジなんて、ほじくらなくてもいい。


何度も、ツアーガイドさんは
同じことを言っている。


淡々とするだけですよと・・・・
それが結局、近道ですよと。




きっと、何度もつまずいて、転んだからこそ
そう言える。





ほんと、
ありがたいな・・・









まずは、ジャッジしている自我を認める・・・

「本当の自分へ還る旅」テイクオフコース






読んでいただき、ありがとうございます







  
コメント
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

トラックバック
トラックバックURL
→http://zyoukado.blog117.fc2.com/tb.php/60-1dedca7c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。